新型コロナワクチン承認で次の連邦公開市場委員会はどうなる?

じっちゃま寄稿
■新型コロナワクチン承認
12月11日(金)夜、米国食品医薬品局(FDA)がファイザーの新型コロナワクチンを緊急使用承認(EUA)すると発表しました。
言うまでも無く新型コロナワクチンが承認されたということは朗報であり、これでようやく新型コロナ禍終息に向け具体的に手を打つことができることになりました。その意味で今回のニュースはひとつの区切りだと思います。
■今週の長期金利の動きに注目
そこで皆さんにお願いしたいのですが今週の米国10年債利回りの動きにとりわけ注意を払ってください。
(出典:セントルイスFRB)
投資家が(今後景気が強くなるぞ!)と感じれば長期債は売られ、長期債利回りは逆に上昇します。
債券市場は機関投資家主導のマーケットであり、債券の市場参加者は株式の投資家より景気の動向を注意深く追っかけており、彼らのほうが正しいことが多いです。
すると今週米国10年債利回りが急騰するようなら、洗練された債券市場の投資家たちは景気が強くなると予想していることになるのです。
逆に10年債利回りがそれほど上昇しないのであれば、景気はいまのまま低空飛行を続けると投資家が予想していることを示唆します。
私は今週の10年債利回りの上昇は小幅にとどまると予想します。
■連邦公開市場委員会
12月15・16日の両日は今年最後の連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。今回は米国の政策金利で

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました