12月の雇用統計について

じっちゃま寄稿
■非農業部門雇用者数
1月8日(金)に発表された非農業部門雇用者数は予想7.1万人に対し-14.0万人でした。
(出典:労働統計局)
2020年5月に非農業部門雇用者数がプラスに転じて以来、半年ぶりに再びマイナスに逆戻りしました。
その主な理由は新型コロナ第3波でレストランの多くが営業時間の短縮や閉店に追い込まれたからです。人種別失業率でヒスパニック(黄色)の失業が増えているのは、ヒスパニックはレストランやレジャー産業で雇用されるケースが多いことに起因しています。
(出典:労働統計局)
レジャー&ホスピタリティ部門での雇用は-49.8万人でした。逆に小売業は+12.1万人でした。これはクリスマス商戦期間の人員確保が影響していると思います。
製造業は+3.8万人と確りしていました。
言い換えれば今回の未達は新型コロナで外食・レジャー産業が雇用を再び絞り込んだことが主な原因なのです。
■失業率
12月の失業率は予想6.8%に対し6.7%でした。
(出典:労働統計局)
■労働力率
12月の労働力率は11月と同じ61.5%でした。
(出典:労働統計局)
これは求職を諦める労働者の数は先月と変化無かったことを示唆しています。
労働力率は一度低下してしまうと戻るのが遅いことで知られています。その意味では今回、その数字が先月と同水準に踏みとどまったことは評価できます。
■平均時給
12月

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました