連邦公開市場委員会の結果について

じっちゃま寄稿
■連邦公開市場委員会
1月27日(水)、連邦公開市場委員会(FOMC)が閉会しました。
米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートは現行の0~0.25%が維持されました。
債券買い入れプログラムは現行の毎月財務省証券800億ドル、住宅抵当証券400億ドルのペースでの購入が維持されました。
FOMC声明文の言い回しは殆ど変更されませんでした。
つまり今回のFOMCでは新しいことは何も出ませんでした。
■記者会見
記者会見では株トレ・アプリを通じて小型株を吊り上げていることに関してまず質問が飛びました。
ジェローム・パウエル議長はこの質問には答えませんでした。
米国政府はリーマンショックの後、金融システムの安定化にむけて一連の監視システムを設け、金融市場の状態を広範に監視しています。
過度の投機の結果として信用不安が生じ、それが実体経済に悪影響を及ぼすリスクについては主にストレステストなどを通じて事前に金融機関などの体力を強固にしておくことで対処すべきであって、マーケットの過熱の度に政策金利を調整することで対応する考えはないことが説明されました。
■米国の景気はまだまだ弱い
連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策に変更を加える事に対して消極的な理由は、目先景気は新型コロナの蔓延でどちらかといえば失速気味であり、雇用に関しても回復がストップしてしまったことによります。
新型コロナ前に

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました