【米国株】ロビンフッダーが「ゲームストップ(GME)」 の株価を急騰させた事件の裏側を解説! 再び注文停止 になる可能性も高く、日本の投資家は手出しは無用! – 世界投資へのパスポート

米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 1月の最終週(1月25日〜29日)、株トレードの人気アプリ「ロビンフッド」のユーザー、いわゆる「ロビンフッダー」が、ゲームストップ(GameStop:GME)をはじめとする個別株を集団で買い上がり、値段を吊り上げる事件がありました。ロビンフッドは2013年にシリコンバレーで創業されたネット証券で、使い勝手の良いスマホの株トレード・アプリを出しており、「売買手数料ゼロ」をいち早く打ち出した会社としても知られています。仕組みとしては、ユーザーから手数料を取る代わりに、オーダー・フロー(売買注文)をマーケットメーカーに回すことでキックバックを貰う収益構造になっています。
Source: 世界投資へのパスポート

リンク元

ダイヤモンドZaiオンライン
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました