債券市場はFRBに金利政策メッセージの変更を要求している

じっちゃま寄稿
■長期金利の上昇
このところ米国の長期金利が上昇しています。下は10年債利回りですが1.38%まで上って来ました。
(出典:セントルイスFRB)
普通、投資家が今後景気は強くなり、その結果インフレ圧力が増大すると考える局面で長期債は売られやすいです。長期債が売られると利回りは逆に上のチャートに見るように上昇するわけです。
すると債券市場の投資家は「景気は今後強くなる!」と考えていることが上のチャートから読み取れるわけです。
■現在の米国の金利政策
アメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は政策金利としてフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)を使用しています。現行のFFレートは0~0.25%のレンジです。
このように少し幅を持たせてある理由は今のように政策金利の絶対値が限りなくゼロに近い場面では、ピンポイントで政策金利をひとつのレートに固定するのがすごく難しいからです。でも実質ゼロ金利だと考えて良いでしょう。
FRBはそれに加えて債券買い入れプログラムを実施しています。そこでは毎月800億ドルの米国財務省証券と400億ドルの住宅抵当証券、合計1200億ドルを買い入れています。
いま中央銀行が債券を投資家から買い上げるということはその対価として現金をそれらの投資家に渡しているわけですから、これはキャッシュを市中に散布し、カネ余りの状態をわざと作りだしていると考える事

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました