債券利回り上昇は一段落 市場参加者の関心は2022年へ

じっちゃま寄稿
■債券利回り上昇は一段落
2月後半以降、米国10年債利回りのことが話題に出ない日はありませんでした。
10年債利回りは3月18日に1.75%まで上昇しましたが、現在は1.63%まで下がって来ており、落ち着きを見せ始めています。
長期で見れば1980年代初頭から始まった10年債利回りのダウントレンドは、現在もガッチリと守られており、トレンドは反転していません。
日米の長期金利の差がとても大きくなっています。10年債の場合、日本の機関投資家が為替ヘッジのコストを加味しても米国債に投資することでJGBより1.4%も高い利回りを得ることが出来ます。そのことはある時点で日本の機関投資家が米国債への投資を増やすことを示唆しています。
■消費者物価指数
現在、消費者物価指数はFRBの物価ターゲットである2.0%を少し下回る1.7%前後で推移しています。
現在、アメリカでは新型コロナワクチンの注射がどんどん捗りはじめており、それに呼応するカタチで景況感も明るさを増しています。
普通、景気が良くなるとインフレも強まることから、今後インフレ率は2%を超えて、ずんずん高進する可能性があります。
その場合でも連邦準備制度理事会(FRB)は利上げには慎重な態度を示すでしょう。その理由はFRBが政策金利を決定する「考え方」を手直ししたからです。
■新金利政策決定枠組み
FRBは去年、新金利政策決定枠組みを示し

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました