米国株の代表的な「製薬会社」7社を解説!“ディフェン シブ銘柄”として景気減速期に注目される「ファイザー」 「アムジェン」などの売上高や主力商品、PERを分析! – 世界投資へのパスポート

米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 今、米国では新型コロナワクチンの接種が佳境を迎えており、足下の景況感は極めて強くなっています。しかし、3月17日に閉会した連邦公開市場委員会(FOMC)で示された経済予想サマリー(SEP)によると、来年以降のGDP成長率は、また昔のように年率2〜3%に戻ってゆく見通しです。もし今が景気拡大のピークなら、そろそろ次のことを考えなければいけません。例えば、景気が減速し、金利上昇が落ち着きはじめると、製薬会社のようなディフェンシブ株が見直されます。そこで今日は、代表的なアッヴィ、アムジェン、ブリストルマイヤーズスクイブ、イーライ・リリー、ジョンソン&ジョンソン、メルク、ファイザーの7社を紹介します
Source: 世界投資へのパスポート

リンク元

ダイヤモンドZaiオンライン
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました