#じっちゃま の米国株YouTube Live議事録2021.04.09│SPACブーム鎮静化が宇宙銘柄に与える影響


じっちゃまトーク概要
考え方変更
在宅・リモート銘柄をアップグレード。
宇宙関連銘柄をアップグレード。
新興国・素材株をダウングレード。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

変更理由
ワクチン注射に世界の地域差がものすごく大きく出てきている。
ワクチン製造過程を考慮すると、その格差は今後埋まらないということが明らかになりつつある。
アヘゴス破綻に絡めて、SPACブームの終焉を予想している。
アメリカでのワクチン接種は、今週から年齢制限が撤廃された。
早ければ、5月6月くらいに国民の75%が少なくとも1回目の注射を打てる(集団免疫成立)。
一方で、欧州はアメリカよりも大きく遅れていて、新興国・日本(国民の0.8%)はさらに遅れている。
それは、今まで通り良くならない状態が続くことを意味している。
日本の景気はグズグズした展開、タイなど観光依存の高い国ももがき続ける。
中国は世界でも真っ先に景気対策をしたが、景気加熱をおさえるため銀行に新しい与信を、昨年同様の範囲に留める指示を出した。
これは、明らかに素材株にとってマイナス。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アヘゴス事件
CSが大損して責任者が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました