【米国株】ビットコイン関連銘柄「コインベース」を 解説! ビットコイン急騰で売上高は右肩上がりだが、 ビットコインETFが登場すれば売上急減のリスクも! – 世界投資へのパスポート

米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 米国で、暗号資産取引所のコインベース(ティッカーシンボル:COIN)が4月14日、ダイレクト・リスティングによりナスダックにIPO(新規株式公開)します。時価総額は、おそらく900億ドルを超えると思われます。コインベースの強味は、個人投資家や機関投資家、そして銀行監督当局からの信頼性が高い点です。コインベースはセキュリティ性の高さに定評があり、これまでに一回もハッキングされてないことで有名です。コインベースの問題点は、トランザクション・フィーへの依存度が高過ぎる点だと思います。将来、他社の出すビットコインETFが承認された場合、そのETFはニューヨーク証券取引所などの株式市場に上場され、タダ同然の安い手数料で取引可能になると思われます。
Source: 世界投資へのパスポート

リンク元

ダイヤモンドZaiオンライン
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました