#じっちゃま の米国株YouTube Live議事録2021.05.11│テクノロジー株急落とプライバシー保護規制の関係│広瀬隆雄氏


2021.05.11実施分のじっちゃまYouTube Liveの議事録(まとめ)です。
単なる文字起こしではなく、じっちゃまの言葉の背景・ニュアンスを含めてまとめていきます。
時間がなくさくっと概要だけ知りたい、動画よりも文字で把握したいという人はこの議事録を読んでください。
既に動画を見た人にとっても復習として、役立つはずです。
じっちゃまトーク概要
テクノロジー株急落
インフレ懸念
ハイテク株が売られている1つの理由はインフレ懸念。
週末にパイプラインがハッキングされて一時的に止まっている。
これはごく短期で解決する問題だが、これからサマードライビングシーズンになるため、数日の停止でもガソリン価格高騰の懸念が出ている。
全米平均ガソリン価格は2.97ドルから、今日明日で3ドルに値上がりすると言われている。
ガソリン価格につられて長期金利も上昇すると見られている。
そのため特に高バリュエーションのネット株などにとってネガティブであるという考えから売られている。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

経済再開
2つ目の理由は、コロナワクチン注射が進み経済が再開しているということ。
ネット企業にとっては前年比較が困難になり(ピークデジタル)、業績的にアゲインストの風が吹くといわれている。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました