FOMCでFFレートは0.25%利上げ、早ければ5月からQTへ

じっちゃま寄稿
■連邦公開市場委員会
3月16日(水)、2日に渡って開催されていた米国の政策金利を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)が閉会しました。米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(FFレート)を0.25%引き上げ、0.25~0.50%としました。加えて連邦準備制度の総資産の圧縮(=QT)も早ければ5月から着手したい意向が表明されました。
これらはいずれも市場参加者が予想していた通りの結果であり、サプライズではありませんでした。
■経済予想サマリー
今回のFOMCではFRBのメンバーたちが今後の政策金利や経済指標に関し、おのおのどのような予想を持っているか? をアンケート調査し、それを図表にまとめた経済予想サマリー(SEP)が開示されました。それらの一連のデータ集のうち、とりわけFFレートに関する予想チャートは俗称「ドットプロット」と呼ばれます。それによると今後のFFレートに関するメンバーのコンセンサス予想は下のチャートのようになっています。
(出典:FRB)
今年末のFFレートのコンセンサスは1.9%になっています。それはつまり今後年内に6回の利上げがあることを示唆しています。
また2023年末までにはFFレートは2.8%になると予想されており、これは一般にFRBが最初に到達すべき目標FFレートと考えられている2.5%よりやや

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました