パウエル議長が経済会議で0.50%の利上げをほのめかした

じっちゃま寄稿
■全米企業エコノミスト協会カンファレンス
連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が全米企業エコノミスト協会(NABE)の第38回年次カンファレンスに登壇しました。
そこで「必要なら0.25%よりも大きな引き上げ幅で利上げすることもやる」と発言しました。これはサプライズです。
■労働市場
パウエル議長はスピーチの中で労働市場は極めて逼迫していると述べました。新型コロナ前の労働市場の状態より、今のほうが労働市場はさらに逼迫しています。その証拠に、ひとりの求職者に対し1.7の求人があることが指摘されました。
また有利な職を求めて転職を試みる労働者も多いです。名目賃金は過去何十年で最も速いペースで上昇しています。低所得者層の賃金上昇が著しいです。
パウエル議長は「FRBの政策ツールでは労働市場のインバランスを直すことはできない」ことを認めました。
■インフレ
次にインフレの見通しはウクライナの戦争で一層悪化したと述べました。
パウエル議長は市場参加者ならびにFRBメンバーのインフレ予想が大きく外れた理由はサプライサイドの摩擦の影響を軽視し過ぎたことが原因だとしました。とりわけ自動車生産がサプライチェーンのボトルネックの影響を大きく受けました。
パウエル議長は原油価格上昇が米国経済にもたらす悪影響は1970年代のオイルショックのときに比べると遥かに小さいだろうと述べました。そ

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました