0.50%の政策金利引き上げを待望する声が大きいが、それは株式にとって良くない

先週以降、にわかに0.50%の利上げ待望論がウォール街に巻き起こっています。いまアグレッシブに利上げすることでインフレの息の根を止めれば、また安心して株式は買って行ける……そういう論法です。続きをみる
Source: じっちゃまNote

リンク元

じっちゃまNote
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました