米国株サマーラリーはあるのか?

じっちゃま寄稿
■軟調な米国株
年初から米国株が下げ基調です。年初来のパフォーマンスはS&P500指数が-15.6%、ナスダック総合指数が-24.5%です。
米国では-20%がベアマーケット(弱気相場)と定義されているので、すでにナスダック総合指数はベアマーケットに入っています。
■株式が嫌気される理由
なぜ株式が嫌気されているのか? という問題ですが、それはインフレに端を発しています。米国のインフレは+8.3%になっています。
(出典:セントルイスFRB)
米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)が米議会から言い渡されているインフレのターゲットは2%です。すると8.3%は努力目標よりずっと悪い数字だということがお分かりいただけると思います。
インフレは庶民の生活、とりわけ低所得者層を直撃するので早く抑え込まなければいけません。
FRBは既に3月に0.25%、5月に0.50%の利上げを敢行し、引締めを開始しています。6月、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)でもそれぞれ0.50%の利上げが行われると思います。
金利の上昇は株式バリュエーションにとって悪いです。だから株価がズルズル下がったのです。
■いつ引締めの手が休められる?
すると我々が問題にしないといけないのは「いつ引締めの手が休められる?」ということです。
残念ながらそれは当分先のことになりそうです。
それというのも政策金利

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました