連邦準備制度理事会の利上げシナリオを市場はどう織り込んでいる?

じっちゃま寄稿
■政策金利の軌跡
米国の中央銀行に相当する連邦準備制度理事会(FRB)は3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%、5月のFOMCで0.50%の利上げを実施しました。米国の政策金利はフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)です。
FFレートの先物はデリバティブ取引所CMEに上場されており、その取引実勢価格からトレーダーたちがどのくらいの確率で利上げが起こると予想しているかを逆算する方法があります。その計算結果はCMEのウェブサイト、「CME FedWatch」に公表されています。
これを書いている2022年5月26日現在、市場は次のような利上げシナリオを織り込んでいます。


FOMC

利上げ幅

政策金利


2022年6月15日

0.50%

1.25~1.50%


2022年7月27日

0.50%

1.75~2.00%


2022年9月21日

0.25%

2.00~2.25%


2022年11月2日

0.25%

2.25~2.50%


2022年12月14日

0.25%

2.50~2.75%


2023年2月1日

0.25%

2.75~3.00%


2023年3月15日

据え置き

2.75~3.00%


つまりFRBは来る6月と7月のFOMCでは5月と同様

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました