投資家が期待していたようなサウジの増産合意は出ず 石油輸出国機構の8月の定例で通常の対話の中で増産が議論されるのみ

バイデン大統領のサウジアラビア歴訪は世界の機関投資家から注目されてきました。それというのもホワイトハウスは6月に「米国産シェールの輸出禁止措置を検討している」ということをシグナル、それをキッカケとして米国の指標銘柄であるウエスト・テキサス・インターメディエーツの価格が下落に転じたからです。しかし米国がシェールの輸出を禁止すれば世界が困るので誰かが増産する必要があります。米国はそれをサウジへ要請したかったというわけ。続きをみる
Source: じっちゃまNote

リンク元

じっちゃまNote
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました