FOMCで予想されていること

じっちゃま寄稿
■FOMC
※9月16日執筆
9月21日に次の連邦公開市場委員会(FOMC)が閉幕し米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)が発表されます。
現行のFFレートは2.25~2.50%です。
今回の政策金利会合では0.75%の利上げが行われ、政策金利が下のチャートのように3.00~3.25%になると予想する市場参加者が多いです。
(出典:CME FedWatch)
 
■経済予想サマリー
なお今回のFOMCでは連邦公開市場委員会(FRB)のメンバーたちが今後の政策金利やGDPに対しどのような予想を持っているか? に関するアンケート結果、すなわち経済予想サマリー(略してSEP)も公開されます。
前回のSEPでは2022年末のFFレートは3.4%になるというのがFRBメンバーのコンセンサスでした。
 
(出典:FRB)
 
しかし市場参加者は11月2日にも0.75%の利上げがあり、さらに12月14日には0.50%の利上げを予想しています。すると市場参加者は2022年末のFFレート予想として4.25~4.50%を織り込み済みなのです。
すると6月のSEPでのFRBメンバーのコンセンサス3.4%がどれだけ市場予想を追いかけるカタチで上方修正されるかがひとつの見どころになると思います。
■ニュートラルレート
別の言い方をすれば景気やインフレに対し中立

リンク元

じっちゃま寄稿
jieiをフォローする
じっちゃまアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました