じっちゃま寄稿

じっちゃま寄稿 じっちゃま寄稿

じっちゃまが証券会社など他メディアに寄せた記事。

じっちゃま寄稿

FOMCの結果 FRBは市場予想に追い付いたものの今後の展開は予断を許さない

■FOMC 9月21日に閉会した連邦公開市場委員会(FOMC)では大方の予想通り米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートが0.75%利上げされ3.00~3.25%になりました。 声明文にも殆ど変更は加えられませんでした。 ■経済予想サ...
じっちゃま寄稿

FOMCで予想されていること

■FOMC ※9月16日執筆 9月21日に次の連邦公開市場委員会(FOMC)が閉幕し米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)が発表されます。 現行のFFレートは2.25~2.50%です。 今回の政策金利会合では0....
じっちゃま寄稿

雇用統計はFRBが今後も引締めを継続することを示唆

■雇用統計 9月2日(金)に発表された雇用統計は全体的にしっかりした数字で連邦準備制度理事会(FRB)の手綱捌きには特に影響を与えない内容でした。そのことは政策金利の引上げが今後も続くことを示唆しています。  先ず8月の非農業部門雇用者数で...
じっちゃま寄稿

ジャクソンホールでのパウエル議長のスピーチはタカ派だった

■ジャクソンホール 8月26日(金)、ジェローム・パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長がジャクソンホール経済シンポジウムでスピーチしました。  その中でパウエル議長は「インフレの勢いが少し弱まったからといってすぐに金融緩和すると1970...
じっちゃま寄稿

7月の消費者物価指数の上昇率は予想より低かった

■消費者物価指数 8月10日(水)に発表された7月の消費者物価指数は前年同月比+8.5%で事前予想の+8.7%を下回りました。これを見てトレーダーの多くは(ひょっとしてソフトランディングは可能かも?)と感じたと思います。 (出典:セントルイ...
じっちゃま寄稿

雇用統計は米国経済の底堅さを印象付けた

■非農業部門雇用者数 8月5日(金)に発表された7月の非農業部門雇用者数は予想25万人に対し結果52.8万人と強い数字でした。 (出典:労働統計局) 過去4カ月は平均して+38.8万人だったので、今回はそれよりもかなり強い数字だと言えます...
じっちゃま寄稿

7月27日の連邦公開市場委員会の予想

■連邦公開市場委員会 7月27日に2日間に渡って開催される連邦公開市場委員会(FOMC)が閉会し米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートが発表されます。大方の予想では0.75%の利上げにより政策金利は2.25~2.50%になると見られ...
じっちゃま寄稿

6月の消費者物価指数は+9.1%と予想より悪かった

■消費者物価指数 7月13日に発表された6月の米国の消費者物価指数は前年同月比+9.1%と予想の+8.8%より悪かったです。 (出典:セントルイスFRB) 今回の価格上昇はガソリン、家賃、食品など幅広い項目に広がっています。特にエネルギー...
じっちゃま寄稿

連邦公開市場委員会では0.75%の利上げが発表された QT政策は変更なく継続

■連邦公開市場委員会 6月15日に閉会した連邦公開市場委員会(FOMC)では0.75%の利上げが発表され政策金利は1.5~1.75%になりました。連邦準備制度総資産の圧縮(QT)は、5月に発表したスケジュールを堅持し、粛々と進めてゆくことが...
じっちゃま寄稿

6月15日の連邦公開市場委員会の予想

■予想 米国の政策金利を決定する会合は連邦公開市場委員会(FOMC)です。次のFOMCは6月15日に終了し、閉会後声明文が発表されます。私の予想では0.50%の利上げが発表されると思います。 6月から始まっている連邦準備制度総資産の圧縮、い...
じっちゃま寄稿

市場は6・7・9月の連邦公開市場委員会でそれぞれ0.50%の利上げを織り込んだ

■連邦準備制度理事会のシグナル 米国の政策金利はフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)です。FFレートの水準を決定する会合のことを連邦公開市場委員会(FOMC)と言います。 米国の中央銀行は連邦準備制度理事会(FRB)で、これまでに...
じっちゃま寄稿

連邦準備制度理事会の利上げシナリオを市場はどう織り込んでいる?

■政策金利の軌跡 米国の中央銀行に相当する連邦準備制度理事会(FRB)は3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%、5月のFOMCで0.50%の利上げを実施しました。米国の政策金利はフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)です。...
じっちゃま寄稿

米国株サマーラリーはあるのか?

■軟調な米国株 年初から米国株が下げ基調です。年初来のパフォーマンスはS&P500指数が-15.6%、ナスダック総合指数が-24.5%です。 米国では-20%がベアマーケット(弱気相場)と定義されているので、すでにナスダック総合指数...
じっちゃま寄稿

連邦準備制度理事会は大方の予想通り0.50%の利上げならびにQTを発表

■連邦公開市場委員会 5月3・4日の二日間に渡って開催されていた米国の政策金利を決める連邦公開市場委員会(FOMC)が閉会しました。 米国の中央銀行である連邦公開市場委員会(FRB)は米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(略してF...
じっちゃま寄稿

市場はFRBのアグレッシブな利上げを過剰に織り込んでいる

■5月4日のFOMCでは0.50%の利上げが予想されている 米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(略してFFレート)の水準を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)は5月4日です。そこでは0.50%の利上げが発表されるというのが強い...
じっちゃま寄稿

3月の雇用統計は0.50%の利上げを正当化する内容だった

■非農業部門雇用者数 3月の非農業部門雇用者数は予想49万人に対し43.1万人でした。 (出典:労働統計局) おもな産業別ではレジャー&ホスピタリティーが+11.2万人、プロフェッショナル&ビジネス・サービスが+10.2万...
じっちゃま寄稿

パウエル議長が経済会議で0.50%の利上げをほのめかした

■全米企業エコノミスト協会カンファレンス 連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が全米企業エコノミスト協会(NABE)の第38回年次カンファレンスに登壇しました。 そこで「必要なら0.25%よりも大きな引き上げ幅で利上げする...
じっちゃま寄稿

FOMCでFFレートは0.25%利上げ、早ければ5月からQTへ

■連邦公開市場委員会 3月16日(水)、2日に渡って開催されていた米国の政策金利を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)が閉会しました。米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(FF...
じっちゃま寄稿

雇用統計は良かった 平均時給の伸びが鈍化

■非農業部門雇用者数 先週金曜日発表された2月の非農業部門雇用者数は予想40万人に対し67.8万人と良好でした。 (出典:労働省労働統計局) また過去の数字も上方修正されています。 ■失業率 2月の失業率は3.8%でした。新型コロナ移行で最...
ダイヤモンドZaiオンライン

【米国株】ウクライナ侵攻により「買い」のチャンスが 到来! 「売り物が出尽くす」「FRBが利上げを見送る」 など、今が絶好の買いチャンスと判断する理由を解説 – 世界投資へのパスポート

米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 日本時間の2月24日、ロシアがウクライナに対し攻撃を開始しました。これによりWTI原油は前日比+6.25%高の97.9ドルで取引されています。債券は安全資産への逃避の買い物を集めて、利回り1.897...
タイトルとURLをコピーしました